ここから本文です

11月13日付のウオールストリート紙の一面にOKWAVEが大金を支払って業務提携締結をしたPALANTIR社ついての現況記事が2ページにわたり掲載されていました。1.同社のサイバーセキュリティ技術は特に米国政府間(CIAなど)、大手金融会社、航空会社、基幹産業に採用されている。2.オサマビンラディンや稀代詐欺師マードックの逮捕につながる支援をしたことで一躍有名に。3.膨大なデータ分析力に秀でている。4.年間売り上げは約700億円だがまだ赤字経営だ。5.2019年には上場を期待する既存機関投資家筋が多いが社長が変人?で悩ましい。6.上場するとすればウーバーに次ぐ2~3兆円で生まれる可能性があるが、そのためには社長が具体的な業績予想を出すことを期待されている。7.PAYPALの創設者ピーター・ピールが経営アドバイザー兼大株主。8.PALANTIR社は共和党寄りである。(私見だがACUと言う組織は強力な共和党コンサルタント組織でありそのアドバイザーにOKWAVEの松田社長がなったことは大変興味深い)
私見ですがPALANTIR社上場となればOKWAVEは同社の一部株主でもあるので好材料にはなるのではと思った。
以上荒っぽい内容ですがお知らせいたします。