ここから本文です

カイカの2Q決算は、減損等の特別損失の計上と当初予定していなかったシステム費用の先行投資で親会社株主に帰属する最終損益が△341百万円の赤字。
持分法により計算したフィスコの2Q決算に影響を及ぼす金額は△62百万円程度で、売上高や営業損益には影響を及ぼさない。

特別利益356百万円の計上を考えると通期ベースでほとんど影響がないと思われるが、カイカの親会社であるネクスグループも同じことが言え、フィスコと同様明らかに売られ過ぎ。

経営成績が悪くて赤字を出したわけではないので、市場判断は迷うところか。