ここから本文です

今回はネクス、カイカが儲かっているからと思い、まず決算は間違いなくプラスで出してくると思惑で400円以上にあげてからのまさかのマイナス決算を出すとは皆んな思わなかったからパニック売りが出たのでしょうね?

節税対策の為とはいってもやり過ぎだったのか?

おかげで安く買えたから良かったが。

  • >>1034

    欠損金額(赤字)が生じている事業年度において特別損失を計上しても節税対策にはならないです。
    そもそも法人税額は当期純利益をもとに税務調整を行い所得金額を求めて計算されるので、特別損失の計上がなくても利益が出ていなければ法人税自体が発生しないからです。

    それから今回の決算が悪かったのはこのグループ会社の人為的ミスによるものです。
    年の初めの仮想通貨の急落時に仮想通貨を多く持ちすぎてしまったことと、ネクスグループのAIトレーディングシステムを使用しない他のグループ会社(人間が手動でトレードをしているそうです。)が大きな運用損を出してしまったことが原因だと考えられます。
    その結果ネクスとカイカの利益の上振れ分を打ち消してしまった。
    仮想通貨事業の持株会社フィスコデジタルアセットグループとフィスコ仮想通貨取引所が連結から除外されたのは業績への影響を極力少なくするためでしょう。

    2Q以降はこれらの結果を踏まえてしっかりと対策をしてくると思われるので、おそらくクソ決算になることはないでしょう。