ここから本文です

前期1Q決算において関係会社株式売却益の特別利益の計上があり利益が上振れ、当期はそれが無し。 除いて考えると税引前当期純利益は当期の方が大きいことになる。
会社側も当然この点を踏まえて通期の業績予想を出しているだろうが、市場判断は分かれるところ。
グループ会社が保有している仮想通貨の評価損も GMOのように持ち高調整(B/S上の仮想通貨の金額に注目)することにより2Q以降黒字転換する可能性あり。
決算書の中身をしっかりと見ている人は少ないだろうから今日は確実に売られると思うが、持ち続ける理由があれば売る必要はないでしょう。