IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

【三吉野氏のDDS私物化】

MMTの設立が17年7月です。

それ以降、立替金が急増したり、短期貸付金になったり、三吉野氏への貸付金になったり、目まぐるしい動きです。

立替金や短期貸付金はMMTのマイクロ工学式指紋センサーの研究開発費や運転資金を三吉野氏が私物化したDDSから拠出していた可能性があります。
*MMTは7つの特許を取得しているのは事実です。

MMTが開発した超薄型光学式指紋センサーの受注先が見つからず、MMTは経営不振となり、DDSが子会社にするしかなかった。
三吉野氏が、それを強引に行った。
そういうことではないでしょうか。

現在残っているのは、三吉野氏への貸付金1億9393万円のみです。

事実関係は社外の人間にはわかりませんので、第三者委員会の調査と報告書提出を待つしかありません。