IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

【両毛システムズ】 9691

DDSの販売パートナー企業である両毛システムズが昨日中間決算発表をしました。
両毛システムズの担当部署は公共事業なので決算短信の中の(公共事業セグメント)を紹介します。

●1Q
公共事業セグメントは、自治体向け「G.Be_U®(ジービーユー)」(総合行政ソリューション)の販売が売上に貢献いたしましたが、前年の法改正によるシステム改修等の反動減によりソフトウェア開発・システム販売分野は減少いたしました。
その結果、売上高は1,255百万円(前年同期比3.1%減)、セグメント利益は130百万円(前年同期比28.6%減)となりましたが、概ね計画どおりの進捗となりました。

⇒売上、利益とも減少です。GIGAスクールには触れていません。

●2Q
公共事業セグメントは、すべてのサービス分野※2で堅調に推移いたしました。具体的には、自治体向け「G.Be_U®(ジービーユー)」(総合行政ソリューション)、警察向けソリューション、コロナ禍の影響による臨時的な受託処理業務、「GIGAスクール構想」関連商談などが収益に貢献いたしました。
その結果、売上高は4,045百万円(前年同期比25.7%増)、セグメント利益は694百万円(前年同期比31.1%増)となりました。

⇒売上、利益とも大幅に増収増益に転じています。
「GIGAスクール構想」関連商談などが収益に貢献しています。

●1Q(4~6月)と2Q(7~9月)の比較

売上 12.55億円→27.9億円(2.22倍)
利益 1.3億円→5.64億円(4.34倍)

以上より、GIGAスクール関連は7月以降に活発になったことがわかります。