IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

今期が軽微だが来期はどうか?(ウタ)

ここが面白い。来期に『全く反映しないって事はつまり"日立製作所"のセキュリティ製品が全く売れない』って事を意味する。

生体認証が注目される中で特に顔認証や指紋認証が注目されています。この事実を論理的に否定できる方は100%いません。

更にDDSの顔認証はPanasonicの顔認証エンジンが組み込まれたソリューションです。ChromePCに"内蔵"されたカメラを利用できる唯一のソリューションですね。

ChromePCと連携する同期アルゴリズムは"半端なく高難易度"となるため今現在日本企業で成功しているのはDDSだけです。

日立製作所の精鋭営業陣営が『FIDO認証の拡張性、既存のChromePCの内蔵カメラでシステムを構築できる』って事を全面に出す営業をしない訳がないでしょう。極めて大きな営業アイテムですね。

さて来期の『試算』をDDSがいくら出してくるのか非常に楽しみです。byウタ

  • >>881

    ウタさん、こんばんは。

    たしかに日立のOEM採用の来期業績への影響は不明ですね。
    ただ来年2月半ばに開示されるだろう来期の業績予想が信頼に足るかどうかは、今期どれほどの実績が挙げられるかにかかっているのだと思います。

    今期も実質余す期間は四半期です。
    この時点で業績予想の修正があれば、それはまだ評価できる。
    しかし前期の業績予想修正の適時開示は、本決算(20年2月14日)のわずか2日前(20年2月12日)でした。
    まんいち同様のことが今期も繰り返されるなら、どうして来期の業績予想だけが信頼に値するでしょうか。

    信用は一日にして成らず。けれども信用の崩壊は一瞬です。
    日立のOEM採用は、DDSにとっていかなる免罪符にもあたらない。
    変わらずDDSにはまず今期に、その予想に見合う実績を挙げ・疑義を招く事案があれば厳しく対処することが求められているのだと思います。

  • >>881

    素人ですが、理解し納得出来る解析に感謝します➡小生も非常に楽しみです。

    > 今期が軽微だが来期はどうか?(ウタ)
    >
    > ここが面白い。来期に『全く反映しないって事はつまり"日立製作所"のセキュリティ製品が全く売れない』って事を意味する。
    >
    > 生体認証が注目される中で特に顔認証や指紋認証が注目されています。この事実を論理的に否定できる方は100%いません。
    >
    > 更にDDSの顔認証はPanasonicの顔認証エンジンが組み込まれたソリューションです。ChromePCに"内蔵"されたカメラを利用できる唯一のソリューションですね。
    >
    > ChromePCと連携する同期アルゴリズムは"半端なく高難易度"となるため今現在日本企業で成功しているのはDDSだけです。
    >
    > 日立製作所の精鋭営業陣営が『FIDO認証の拡張性、既存のChromePCの内蔵カメラでシステムを構築できる』って事を全面に出す営業をしない訳がないでしょう。極めて大きな営業アイテムですね。
    >
    > さて来期の『試算』をDDSがいくら出してくるのか非常に楽しみです。byウタ