ここから本文です

暗号通貨にブロックチェーンの技術を使っている事とブロックチェーンが中心で出来ることをごちゃ混ぜの投稿者がいます(コードにLFDウタ)

→世界中に存在する多数のノードで計算処理をして合意形成されるまで時間を要するため、リアルタイムな認証はほぼ不可能である←
↑↑
ここで言うノードは『仮想通貨取引に参加している参加者を指します』つまりコンピューターの端末である。

市場価値の創造に関し2~3投稿済みです。読みもしないでグダグダと投稿するのは非常に失礼であり議論のテーブルにつくことは今後一切無い。

⭕️少し前静止衛星の投稿でかなり笑っていただきました。然し、これがブロックチェーンと非常に関係する可能性に杉井氏は触れています。

docomoを筆頭にSoftBankも莫大な利益を叩き出しました。これが『目に見えない電波(周波数帯)』に金額をつけたビジネスモデルです。

通話料って何ですか?端末モバイルは自分の物ですよ。つまり『使用料の名目で飛び交っている電波を国民が同一周波数帯の使用料としてお金を支払っている』ビジネスモデルです。電波はただです。ただの物にお金を課金しているのでそりゃあ大儲けできます。

話しを静止衛星に戻します。8機体制で地球(日本アジア)上空に浮かぶ衛星はGPS機能を格段に向上させた。誤差3cmですよ。

答えを言えば『空間にIDをつけブロックチェーンに紐付け』する構想です。ここで問題なのが発信元の証明技術です。日本の静止衛星◯◯からの電波を証明する技術と法整備です。

つまり『ただの空間を複数の人が利用料を支払って利用するビジネスモデル』です。

宇宙からの電波で空間を利用するサービスに課金する構想。

どこにいても端末モバイルアプリで位置情報の利用と生体認証で買い物。デバイス間デバイスなので決済認証は必ず必要。どのようなサービスが生まれるのか‼️どんな世界がやって来るのだろうか。興味ありますねえ‼️byウタ(コード書き出しLFD)

PS さてさて週末のお楽しみタイムです。良い週末となりますように‼️

  • >>555

    > →世界中に存在する多数のノードで計算処理をして合意形成されるまで時間を要するため、リアルタイムな認証はほぼ不可能である←
    > ↑↑
    > ここで言うノードは『仮想通貨取引に参加している参加者を指します』つまりコンピューターの端末である。

    "ノードは ~コンピュータの端末である" って、わざわざ説明しなくても当たり前ですが、つまり何を言いたいのですか?
    まさか、"合意形成" を人間同士ですると理解した訳ではないですよね。つながりが全く不明です。

    今後、議論のテーブルに付かないというなら、あなたも今後一切、ブロックチェーンに関する話題をこの掲示板へ持ち出さないでください。