ここから本文です

>>1089

それはおかしいですね。

ハイテクさんには電話で現在の財務状況を金額まで教えるのに、omaさんの知人には売掛金の回収予定時期を秘匿にするのは不公平です。ハイテクさんのように財務状況を金額まで教えてもらえれば『すでに回収済みかどうか』はわかりますよね。

このような開示姿勢は、資本市場の公正性・公平性に対する信頼性を著しく損ないかねない行為だと思いますね。

  • >>1096

    一般的な商取引では契約書の中で、納品検収後の回収予定日など支払条件が明確化されていますよね。

    ちなみにオレの勤務先では「検収後翌月末支払」が原則であり、支払サイトが90日を超過するようなケースでは受注審査が相当厳しくなります。回収予定時期が未定などというのは論外です。

    MMTに対しては既に昨年12月に売上計上済みであり前期決算で確定された内容です。
    すでに売掛金が回収済みだったり、間違いなく回収が見込まれているのであれば、今期業績には影響がありません。「回答できない」理由があるとすれば、貸倒損失となる可能性があるということでしょうか。