ここから本文です

2019年3月27日
Fujitsu Korea Ltd.
富士通株式会社


世界初!韓国の全国内線空港にて手のひら静脈認証による搭乗者確認の運用開始

手のひらをかざすだけで搭乗者の本人確認ができ、利便性向上や混雑緩和を実現



Fujitsu Korea Ltd.(本社:韓国ソウル特別市、社長:Choi, Jaeil)と富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也)は、韓国空港公社(本社:韓国ソウル特別市、代表者:Chang-Wan Son)様が管轄する韓国国内線の全14空港(注1)において、混雑緩和が期待される生体認証による身元確認搭乗サービスに、手のひら静脈認証を導入しました。

あらかじめ手のひら静脈を登録した利用者は、チェックイン後の搭乗者確認時に必要となる国民IDカードを提示することなく、ゲートに搭乗券と手のひらをかざすだけですぐに本人として認証されます。これにより、従来、空港係員が行っていた国民IDカードの目視での本人確認が自動化され、搭乗者確認の精度向上や対応時間の大幅短縮を実現します。また、利用者は国民IDカードを常時携帯する必要がなくなるほか、待ち時間が削減され、空港でのスムーズな手続きが可能になります。

本サービスは2018年12月28日より稼働し、現在すでに16万人が登録を行っており、利用者数としては延べ100万人を超えています(注2)。富士通グループは、さらなる空港利用の利便性向上を目指し、韓国空港公社様のサービスを支援していきます。

EVE MA
多要素認証基盤
•指静脈認証装置: モフィリア(FVA-U2SX・U3SX)
手のひら静脈認証装置:富士通(Palm Secure V2 センサー、PalmSecure-F Pro センサー(※Rel.3.15.0.00以降))