ここから本文です

三者割当増資というのは、
ベンチャーキャピタルや投資会社に、
まとめて新しい株を売って、
資金を調達するという方法だ。

増資というと、普通は株価は下がる。
というのも一株当たりの利益が減るからだ。

たとえば全部で100万株だったモノが、
200万株に増えたとしても、
利益は変わらないわけだから、
一株利益は半分になってしまう。

こういうのを株の希薄化などと言うが、
増資によって1割から2割は、
株価が下がるのが普通だ。

ところがいつ倒産してもおかしくない、
ボロ株企業の第三者割当増資は違う。

ボロ株企業が第三者割当増資を行うと、
「何か新しいことでも始めるのか?」と、
期待が集まって株価が上がるのだ。

というのも倒産寸前の企業の新株を
何億も出して買うなんて、
普通はあり得ないことだ。

増資を引き受ける側は企業から説明を受け、
何らかの「好材料」をつかんでいるはずだ。

それがあるからこそ、増資を引き受けたのだろう。