IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

さて、昨夜のWBS

録画を見返しての個人的に印象に残ったポイントは・・・

〇「不正引き出しを防ぐ切り札」としてeKYCが報じられた点
〇TRUSTDOCKの千葉社長がeKYCの特集でメインで単独でWBSに報じられた点
〇TRUSTDOCKの売上が昨年から3倍の急成長
〇TRUSTDOCKの本人確認処理が月10万件以上
〇メルペイ、セブン銀行、TRUSTDOCKなどが参加していたフィンテック協会セキュリティー分科会の会議の様子

さらに個人的に妄想を掻き立てられた点は、商談として千葉社長が第二地方銀行協会に行った場面

この第二地方銀行協会には福島銀行、島根銀行など38行が加盟している団体

現在、地方銀行は菅首相に「数が多すぎる」と言われ、SBI北尾社長は地銀の連合構想を掲げ、近々、大きな発表が予測されます。

なぜ第二地方銀行協会?


いずれにせよeKYCが金融・ヘルスケア・行政手続など様々な分野で今後、更に注目され需要が急増することは確実かと考えます。一方でサービス供給が間に合うのか?とも個人的には考えます。

TRUSTDOCK・ガイアックス、激熱です