ここから本文です

ガイアックス株主総会(概況報告)2017/3/30

過去最高の売上高を過去最悪の赤字に転落させた期の株主総会。会場は渋谷駅近くのビル5階(下の写真)の貸し会議室(163㎡ 収容席数90席)。
10時開会。有効に成立を宣言。
総会の記録としてビデオ撮影を行う旨の承認確認。
議決権行使者数は552名と聞こえた。(残りの2500名の株主は未行使か⁈)

説明内容は、3/28付IRの決算説明資料以上も以下もない内容。

株主席には13人が点在着座。会場の広さに対して出席者が少なく、風景は異様。会社側の人数の方がはるかに多い。

1号〜3号議案承認可決。株主席からも拍手。取締役選任議案で拍手してない株主は3名程度。雰囲気はアウェイというより完全にお通夜。

質疑受付、再再確認で、ようやく一人が質問に立つ。
整理するとこんな感じ。
Q.出席者が少ない事が残念。社長の出席イメージは。
>書面参加者もいるが、より多くの株主に参画頂き実情を知って頂けるように努める旨回答。
Q.7億円の赤字への不安感を吐露(解消に)見合う成果は。企業規模に対して広げすぎ。集中投資を。
>赤字については反省していると述べるに留まり、謝罪の言葉は無し。現在投資の時期。BtoBの売上伸長。シェアエコの1000億円にもなるかもしれない成長市場へ攻勢姿勢をアピール。
Q. 他の総会での株主とのコミュニケーションの好例を紹介。株主を巻き込んだ取組みの重要性を訴えた。(ご意見)

10時35分閉会。

お土産無し。(会社が2月に開催した本社移転等のパーティでは1000個のオリジナルトートバックが来場者に配られたが、総会に足を運んだ13名の株主には、机上のエビアン330mℓ。でも、有り難く頂きました。)

株主軽視とも言える経営によって株主の無関心化が鮮明に。無関心が株主の最大のメーセージになっていると感じ、無言で帰路につく。
以上、ご参考まで。
(本文は私人メモや感想に基づくものであり、情報の正確性を保証または約束するものではない。)

3775 - (株)ガイアックス ガイアックス株主総会(概況報告)2017/3/30  過去最高の売上高を過去最悪の赤字に転落させた期