ここから本文です

ブロックチェーンは素晴らしい技術、しかし仮想通貨への直接投資はウォール街も避けている。

tetherはアメリカドルを100%担保しないで、アメリカの認可なしに仮想通貨USDTを発行していた。
不正に発行したUSDTを利用したビットコインの価格操作もアメリカ司法から指摘されている

暗号資産USDTとビットフィネックスの不正問題
ニューヨーク司法長官は
関連文書と情報を提供するよう求める裁判所の令状を得た。
urlは23ページにも及ぶ公式の原文
ttps://iapps.courts.state.ny.us/fbem/DocumentDisplayServlet?documentId=vIexA1b0spKOnK_PLUS_ZUGTJ3A==&system=prod

ニューヨーク州のジェームズ司法長管は調査結果をもとに
アメリカドルステーブル(usdt)を発行するtetherと
ビットフィネックスの運営会社が行った不正を糾弾する声明を発表。

アメリカの『CFTC』は2017年のビットコインの暴騰は、
『USDTが不正に発行されたのではないか』
とTetherに対して裏付け資産の証明を要求した。
『Tether社を召喚したが、Tether社は召喚に応じなかった。』

2019年現在も裏付け資産は証明されていない。