ここから本文です

9/12午前のBloombergの記事。
「~ヤフーの決済システムが導入された場合、GMOペイの今期営業利益は約15億円の損失になるとみる。」(ライトストリームリサーチ、ミオ・カトウ氏)
GMO-PGの今期営業利益予想は、83億円。この記事どおりなら今期、△100億円程度のインパクト。
ところが、GMO-PGの決算は9月で、3Q累計の営業利益は67億円で、対計画進捗率は81%。逆立ちしても今期、営業損失となることは、ちょっと考えられないでしょう。アナリストか記者がトンチンカンでこんな記事になったのか、あるいは売り崩しを画策する連中に素人記者が嵌められて書いた記事なのかw、はわかりませんw。

GMO-PGは個人で信用売買で切った張ったしている人ばかりになって、付和雷同的に動く人も増えたから、アメリカのフィンテック株の調整がキッカケで下げていたところにこの記事が出て「狼狽売り→株価下落→狼狽売り・・・」で急落したのかも。そういう個人を狙って売り仕掛けしている人もいそうです。

9/13(引け後)のFISCOの記事。
「ZOZO関連ビジネスが収益に占める割合は5%以下とみている」(SMBC日興証券)
これは収益へのインパクトが年間5%以下ということなので、決算まで1ヶ月をきっていることを考えれば、今期決算への影響は軽微、ということでしょう。Bloombergより、こっちのコメントのほうが感覚的には納得できますw。

後払いサービス(ツケ払い)については、「導入に時間を要する可能性がある(Bloomberg)」「難易度も高く、完全なる代替は難しい(SMBC日興証券)」と、どちらの記事もすぐに移行できるとは見ていません。

ZOZOからの撤退可能性で騒がれているけど、比較的大きな企業の撤退も新規参加もしばしば起きているはず。決済代行は黒子的な存在だし、セキュリティの関係でGMO-PGは積極的なアピールなんかしていないけど。

GMO-PGの年成長率は20~30%。今期の営業利益は、会社予想で対前年+26%、3Q実績は同+30.2%。この程度成長していれば、ZOZOの影響はすぐにかき消されると考える投資家は多いと思います。
中長期スタンスの投資家は、ZOZOから離れても会社のファンダメンタルズにはあまり影響がないと見ているはずです。

個人の信用取引も増えていて追証もかなり出ているだろうし、目先の株価がどうなるのかは誰にもわからないけど、このニュースでこれほど急落するのは、さすがにおかしいと考える、まともな投資家の打診買いが増えてくれば、株価は次第に落ち着きを取り戻すでしょう。

昨年12月のGMOインターネットのGMO-PG株売却の際も、売却された株が市場に放出されることを(勝手にw)恐れた個人のパニック売りで急落したけど、結局、株価は一時、底値から2倍程度まで騰ったし。

さて、今回はどうなることやらw。

  • >>675

    GMO-PG株は「数年後に2倍ぐらいになればいいや」って感じで中長期スタンスの投資をする人も多いと思います。最近、株価は2割ほど急落して約6,800円ぐらいですが、ここ2,3年で株価は2倍以上になっています。以前からGMO-PG株は値動きが荒い株。短期で1,2割上げ下げすることは、以前からしばしば起きる株。先週の下げはちょっとキツすぎる感じはしますが。

    2,3年前、株価が分割後換算で3,500円前後だった頃、3,200円で安く買えたと喜んだ人も、3,800円で高いところを掴んでしまい後悔した人もいたはずですが、1,000株買って持ち続けていたなら、それぞれ+360万円、+300万円の含み益。この差を大きいと見るか小さいと見るかは人それぞれだけど、傍からみれば大差なく、どっちでも「儲かった」ということ。
    買わなかった人や3,800円で買って3,200円で損切りした人wから見れば「3,500円ぐらいのところで買ってずっと持っていたら、3百万円ぐらい儲かったなぁ」ですw。3,800円で買っちゃって、そのまま2,3年間持っていた人も「3,200円で買えてたら、あと60万円も余計に儲かったのに。大失敗だ。」なんてボヤかないでしょうw。

    これは今の株価でも同じ。数年後、首尾よく株価が2倍ぐらいになれば、7,000円で買おうが6,500円で買おうが、大きな利益が出ることにかわりはないということ。
    GMO-PGを中長期的な成長が期待できる会社と考えるならば、短期の株価変動に拘る必要はあまりないということです。実際に売るときだって、直近最高値で売ることなんか不可能だし、その時点での高値から1割引ぐらいのところで売ってしまったとしても、2倍ぐらいになっていたなら御の字でしょう。

    以上、中長期スタンスの投資の話ですので、悪しからず。

    ほぼほぼ同じ内容をエムスリー株でも投稿していますw。中長期スタンスの株式投資なら泰然と構え、適当に安いところを拾っておくのが肝要と考えます。