IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>806

世界中の投資家が新型コロナの直近の影響を無視して、
持続可能な成長という言葉で投資するスタンスになっている。
これは少なくとも夏まで続くと思われる。
Gravityへの投資は、このGravityの持続可能性を信じての投資のようだ。
昨年10月から55%以上の上昇だが、これの背景にあるのが持続可能性。
ニンジャラも出てこない。新作についても出てこない。ガンホーのガの字も出てこない。

●ベースにあるのは持続可能な成長を見ているだけのようです。

①Ragnarok M の実績とフランチャイズによる他国への売上増(Mobile Revenue増)
②台湾=>フィリピン(すでに有る2200万人アカウント)の発展的持続可能性
③別名だがLaunchした中国市場
④Ragnarok X への期待
⑤親会社であるガンホーへは何も期待していない。日本市場のフランチャイズ先でしかない。

ガンホーはダメな会社です。何も生み出さない無能な経営状態が続いています。
このような状況を、
トンビが鷹を産んだ、というのでしょう。
出藍のほまれ ・ 青は藍より出でて藍よりも青し