ここから本文です

機関の空売り要注意
鍋底生活は、まだ続きます。

チャート分析しようが、ファンダしようが
意味無し

今年の最安値更新ぐらいの覚悟は必要かな
日々、増加する含み損に耐える精神力のスキルアップの修行には最適