ここから本文です

今日の決算は例えるなら「朝三暮四」

明日は猿が騒ぐだろうから、しっかりと拾えばいい。

やはり、これからのポイントは決算より中国A3の動向でしょう。