ここから本文です

今後JR東日本とのSuicaの認定及び導入が期待できる。

 3年前の6月からJR東日本とのSuicaの実機テストをスタートし、鉄道系のSuicaは終了。

一昨年コンビニにおけるチャージ機能などのSuicaの実機テスト終了。

JR東日本本社のホストコンピュータにSuicaデータを送り、演算をし、保存する。

この1行が通信が絡むとセキュリテイー保護の観点から、ハッカーされないように、データー保護しなければならない。

通信におけるセキュリテイーの脆弱性を突いてくるサイバー攻撃に備えなければならない。

たとえばセッションジャックなど。

しかし、フライトはデーターを保護する暗号特許を有し、暗号化した後送るのだが、それをハッキングされないように防護し、JR東日本本社のホストコンピュータに送り届けなくてはいけない。この実機テストが鉄道系が終わり、コンビニ系が現在進行中である。

三井住友カード包括協定に交通系電子マネーと記載されており、秒読み段階と考えられる。




近々、SuicaのIRは十分にあり得る。