ここから本文です

グリーン・コミュニティの実現を目指す日本アジアグループ株式会社(コード:3751、本社:東京都千代 田区、代表取締役会長兼社長:山下 哲生、以下「日本アジアグループ」)傘下のJAG国際エナジー株式 会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:増田 雄輔)は、栃木県南地区最大級となる「壬生ソー ラーウェイ」を完成させ、竣工式を執り行いました。
「壬生ソーラーウェイ」は、栃木県下都賀郡壬生町と下野市にまたがる約203,000m²の土地を活用した、 年間計画発電量が一般家庭の年間電力消費量約5,130世帯分に相当する量となる出力約16.8MWの大 規模太陽光発電所です。当発電所は、株式会社マルハニチロアセット(代表取締役社長:三田村 知 尋)が所有していた土地をJAG国際エナジー株式会社が取得し開発を進めておりました。
また当発電所は、東京都が進めている官民連携再生可能エネルギーファンド事業において投融資さ れた案件となります。