ここから本文です

>>536

証券業界で7社、23年間在籍して懲戒解雇。残ったカネは500万円。

(゜-゜)7社も成績上げられずクビになった落ちこぼれがエラソーに語るな。
薄っぺらい奴だ。反吐が出るぜ!


> こんばんは
> 証券業界で7社、23年間在籍してきた。某証券を退職してはや3ヶ月を立とうとしている。ディーラー、トレーダー、チャイナ株アナリスト・ストラテジスト、米株市場ストラテジストといわゆる司令塔の仕事をひと通りこなしてきた。副業が社内で密告され嫌気を差して退職。退職直後から軍資金500万円を元手に専業トレに転身した。
> 8月下旬イントレに出会ってから、パフォーマンスが大きく上向いた。イントレの含み益を別として、今月だけで日本全体の年収中央値に近い売買益を叩き出した。
> 日本株、チャイナ株、米国株に取り組んできた経験から、イントレのポテンシャルはアマゾンやフェイスブックも凌駕するとみている。イントレに秘められる展望は掲示板の皆さまが多く語っていることから、ここでは敢えて加筆しないことにした。
> 米中貿易紛争の終息が一向に見えないことから、世界経済の景気減速は避けがたい見通しだ。景気減速への歯止めとして、ECBによる金融緩和の再開や米FRBによる利下げが相次いでいるが、リーマンショックの再来は早晩のことで、NY市場はいつ崩れてもおかしくない状況にある。特に、足元で米短期金利の急騰やリート銘柄の暴騰が小生の危機感を強めている。
> イントレにはディフェンシブ性が伴ってないものの、ポテンシャルの大きさから資金の避難先として有望で、5000円まではどの水準でも買いでよかろう。米市場の急変でリスクオフが急速に高まり、投資センチメントが一変する可能性もあることから、私はイントレ以外の銘柄を極力持ち越さないよう心掛けている。急騰銘柄の上値追いをせず、じっくり押し目を待つことが勝負の分かれ目ではないかと自問している。

3747 - (株)インタートレード 証券業界で7社、23年間在籍して懲戒解雇。残ったカネは500万円。  (゜-゜)7社も成績上げられず