ここから本文です

安くなったら狙ってる人はいたでしょうね、ロボットとAIと言えばセックですからね。
本当はAIなんて遥か昔からやってたんだけどなセックは。
赤字覚悟で自社オリジナルのAI製品開発とかやっていれば今ごろ時価総額は遥かに高かったかもしれない。
だが真面目なセックは国の案件受注等で利益をこつこつ上げながら最新技術のノウハウを蓄積させていった。