IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ここは決算待ちですね

赤転と言っても4000万円程度だったかと思います。
この程度の金額なら頑張り次第で黒字化できるが、第四四半期もテクノロジー事業の赤字が増加したなら、4000万円では収まらないでしょう。
もう思惑で動く株ではなく、業績で動く株になったので、経営者は数字で結果を出すしかないですね。
今期は黒字化なんて言っても、もう誰も信用してくれない。
失った信用は数字で回復するしかない。

僕もホルダーですので、期待しています♪