ここから本文です

ききわけのないおいらの株を
ひとつふたつ はりたおして
背中を向けて 煙草をすえば
それで上がれば いうことはない

※ボギー ボギー 上場の時はよかった
男がピカピカの気障でいられた
ボギー ボギー 2500の時はよかった
男がピカピカの気障でいられた ※

しゃべり過ぎる 谷口の口を
さめたキスで ふさぎながら
背中のジッパー つまんでおろす
他に何もすることはない
思い出ばかり 積み重ねても
明日を生きる 夢にはならない
zmpと谷口は 承知の上で
つらい芝居を つづけていたよ