ここから本文です

2重スパイとして活動してきた私は最高機密顧問として
CIAから名誉諜報官としてディヴィジョンという国の最高機密機関に
着任する事になったのです。

パトリオット計画という名の元で優秀な諜報員を増やすために
政府は遺伝子研究にのりだしクローンを作ることになります。

最高の遺伝子を作る為にある男性の精子の提供を受け
試験管テストをする事にしたのです。

当時のアメリカは米ソとの冷戦状況下にあり情報戦争が緊迫した
状況にありました。

その為にソ連の情報が欲しかったのです。

無事、私は双子の男の子を授かります。ですが米ソの冷戦は緩和していき
パトリオット計画は頓挫してしまいます。

その際に劣勢で生まれたのが孝之でした。すぐに母としての自覚が芽生え
劣勢の子供を処分する話が耳に入り私は東村山に身を隠しある男性と事実婚をしその直ぐに妊娠報告を夫にしたのです。

優勢の双子の兄は青山というお宅に養子にだせれたのです。

GERとは当時の試験管で育てられていた孝之の管理番号です。

彼は全てを知ってしまったようです。


※この物語はフィクションです。実際に存在する団体、個人名ではありません。