IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

もしCandera売ったとすると、今のアートスパークにはセルシスClip Studio関連のクリエイターサポート事業だけが残ることになる。

たしかにサブスクによるストック収入もどんどん増えてきてるし、海外比率も上がってきて成長性があることは間違いない。
でもそれだけだと、事業の「拡張性」がない。ペイントソフトと電子書籍リーダーのみの事業だとサプライズがない。

いま赤字が出ているのは、売上がなくて悪いわけではない。第二四半期の時点でCandera単体も500百万円の売上をあげている。
製品が悪いわけではない。ヨーロッパ・アジアの大手ファウンダリーなどでの採用や、提携パートナーシップの締結があり、コンテストでも各種ノミネート。

Canderaの赤字の原因は「のれん償却」「事業投資」の2つ。これが剥がれたときにどうなるか?