ここから本文です

ちなみに、他のエクイティファイナンスでは目論見書の発刊コストなど、多数の不要なコストが発生するほか、新株発行のタイミングが均一になるため、急激な売り圧力が発生します。クロスなど、単純希薄化率とは別の要素も含みます。
MSワラントはそれらの懸念は全て無い一方で、上昇圧力の障害が発生します。これは売り圧力とは似て非なるものです。
まあ私の言葉で、とのことなので簡単にですがまとめましたが、ロジックが分かってる人ならこの説明で伝わるはずです。知らないのに我が物顔でおっしゃっているのでしたら理解できないかもしれませんが、これ以上の訴求はご容赦ください。