ここから本文です

>>1135
 3Qの方が売上が高いのもライブなど他のイベントが集中する12月度が含まれるからです。
 10月~12月は繁忙期の12月が含まれるが、1月~3月は閑散期だから売上げは▼31%落ちて当然と主張していると考えていいですか?
 人はこれを季節で循環しているだけと思うでしょう。どこが急激に成長している
というんでしょうか!ユニクロが急成長している時に、12月だから3月だからなどという理由を言っていたでしょうか。前月比で売上げが伸びていったんですよ。

 エムアップの決算補足資料を基にして、チケット事業を参考にすると今期20.7億円やると見せているわけです。(別の見方をすれば7億円しかやらないとも見える。これについては別の投稿で述べる。)
 提携先のイープラスが売上108億円で毎年3億円程度しか売上伸ばせていないのに、何故いきなり10億程度の売上げの会社が11億円も上乗せできる訳?
 しかも倍の売上げ上げようとしている会社が繁忙期の12月がないからと▼31%も売上げを落とすか?
 もし第1Q、第2Q、第3Q、第4Qの売上げが1:1:2:1だとしても、年間20億円売り上げるというのであれば、第4Qでも最低4億円は上がっていないと駄目でしょうが。
 今回決算で示された事実は10億円のチケット事業が今期11~12億円になる程度の話で、売上げが1~2億円の上昇で粗利率が25%程度なので25百万円~50百万円の利益が増加するとしても、これが時価総額150億円も打ち上がるような話かということだ。

 道理でエムアップもアセットONEも今日のストックボイスでもチケット事業の詳細な金額は言わないわけだ。
 ここの板にいる奴でも会社のIRでも、今期第1Qで4~5億円チケット事業でやるはずだ・イープラスの4倍は売上げ伸ばせるというのであれば、根拠を示して欲しい。

 あ~それと、売りに必死とかそんなの関係ないから。過去の投稿を見ていただければ別に騰がってもそれはそれで取ってきたから。
 会社が市場にケンカ売ってきたから買っているだけ。