ここから本文です

まぁでも株に興味持って、四季報読んで、自分の理解を掲示板で話して、間違っていたら正してくれる人がいて、学んで。とごく自然で一生株式に触れない人も多数いるなか自分は共感持ちます。