ここから本文です

ネクソンの新作『DomiNations』が世界ヒットの兆し…米国App Store売上ランキングで44位、英・仏・独でTOP20入りと好調なスタート

ネクソン<3659>が配信を開始した新作ゲームアプリ『DomiNations』が好調なスタートを切ったようだ。4月1日のアプリリリース後、世界100カ国のApp Store売上ランキングでTOP100入り、6カ国でTOP10、4カ国でTOPO5入りを果たした(4月4日現在)。4月6日11時時点では、米国で44位まで順位を上げているほか、イギリスでは15位、フランスでも12位、ドイツでも19位など人気を博している。今後、Android版も各国で順位を上げてくるものとみられる。
本作は、ネクソンの連結子会社であるNEXON Mを通じて、パートナーシップを締結するBig Huge Gamesが開発した作品で、探検や征服などを通じて、石器時代から宇宙時代に至るまでの文明の発展に挑戦するモバイル戦略ゲームだ。プレイヤーは、日本、中国、イギリス、ローマ、ドイツ、フランス、ギリシャを含む国から1つの国を選択し、アレキサンダー大王、クレオパトラ、ナポレオンなどの歴史上の人物が指揮を執り、歴史上の戦いを追体験することができる。
ネクソンのオーウェン・マホニー社長は、3月に開催された決算説明会の席上、「2015年の新作タイトルラインナップは、設立以来でもっとも充実している」と強い自信を示したが、注力タイトルとして示した本作が予告通りの好調なスタートとなった。今後のランクアップや、アジア圏でのリリースはもちろん、リリースが予定されている『Dungeon & Fighter(日本名:アラド戦記)モバイル』や『マビノギデュエル』などにも期待が募るところである。