IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

メモ
LINE<3938>は、5月27日、日本市場で電子コミックサービス「LINEマンガ」を展開する連結子会社であるLINE Digital Frontierの株式を、韓国市場および米国市場で電子コミックサービス「WEBTOON」を展開するNaver Webtoonの支配法人となるWebtoon Entertainmentに譲渡することを発表した。

これは、「LINEマンガ」と「WEBTOON」のサービスをグローバルでさらに拡大させるためにLINE Digital FrontierとNaver Webtoonの関係性をより強固することを目的としたもの。Webtoon Entertainmentは、LINE Digital Frontierの株式を100%保有し、LINEはその譲渡対価をWebtoon Entertainmentの株式取得にあて、その保有割合は33.4%となる見込み。

なお、譲渡時期は8月上旬を予定しており、譲渡価格は譲渡先との守秘義務により非開示としている。

また、この譲渡により、LINE Digital FrontierはLINEの連結子会社から持分法適用関連会社に移行する。LINEは、2020年12月期の第3四半期において、連結子会社の支配喪失による利益を計上する見込みだが、その影響額は算定中で、影響額の算定が完了次第、速やかに開示する予定。

3658 - (株)イーブックイニシアティブジャパン メモ LINE<3938>は、5月27日、日本市場で電子コミックサービス「LINEマンガ

  • >>41

    こっちの方が分かりやすいかな
    yahooとlineが婚約中なのに何でだろ

    LINEは、「LINEマンガ」を展開するLINE Digital Frontier株式会社を、NAVER子会社で米国カリフォルニア州のWebtoon Entertainment Inc.に譲渡すると発表しました。従来はLINEが70%を、NAVER WEBTOON Corprationが30%を保有する合弁会社でした。また、この対価はWebtoon Entertinamentの株式取得に充てるとしていて、LINEからの出資比率は33.4%になる見込み。

    LINEの親会社であるNAVERも同時に、「WEBTOON」と呼び投資を行ってきたデジタルマンガの事業を米国(Webtoon Entertainment)中心に体制を変えると発表していて、NAVER WEBTOON Corprationの全株式もWebtoon Entertainmentに譲渡します。

    NAVERは「WEBTOON」を2004年からサービス提供していて後にNAVER WEBTOON Corprationに分社化しています。現在ではグローバルで6200万人のMAUを抱えます。米国でも若年層を中心に人気を集めていて、米国だけで1000万MAU(2019年)あり、スペイン語、フランス語でもサービスが開始されています。

    一方の「LINEマンガ」は累計2700万ダウンロードされていて、日本でも「文学処女」や「偽装不倫」、「神之塔」などドラマ・アニメ化される作品も多数輩出しています。資本構成の変更があった後も、「LINEマンガ」や社名は引き継ぎ、グローバルでの連携を更に深めながら日本の作家や作品のグローバル展開も推進し、グローバルプレイヤーとの新たなメディアミックス展開なども積極的に推進するなどして、「グローバルNo.1コンテンツプラットフォーム」を目指したいとしています。