ここから本文です

もう何度目だろう。再掲。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
240
一条三位中納言
11月7日 13:17
>>236
独り言とおっしゃってますが多くの方も似たような考えに至る可能性があるので一応触れときます。

企業の存続をある程度信用を得るために黒字の企業が必要なものの中で大きいのは、株主資本の厚さです。ブレインパッドはそれが27億と、一部上場企業2151社の中で61番めに小さい企業なんですね。

自社株買いや配当は、この額を直接減らす行為です。過小資本の企業が自社株買いや配当で更に信用リスクを高める。私がファンドマネージャーなら、そんな企業は経営者が木っ端微塵に資本市場への理解が足りないと、全株売却します。

過小資本の時代は極力そのような信用リスクを高める自社株買いや配当は避け、利益の蓄積に務めるべきなんです。当然株主資本兆の桁持ってるのに現金大量に余らせてる巨大な企業には、徹底して自社株買いや配当を求めるべきですが、やはり株主還元にはステージを考慮した対応が必要です。