ここから本文です

かつて、マイクロソフトはIBMの下請け企業でした。その後の力関係がどうなったかはご存知のとおり。かつては帝国と呼ばれ、一方今はGAFAに入れてもらえないのになぜか時価総額世界一w

AI企業と顧客である(言い方を変えればブレインパッドを下請けに使ってる)大企業との力関係も、マイクロソフトが下請けだった時代に似ています。競争力の核心的部分を担う外注。そして、マイクロソフト同様次第に逆転すると思っています。むしろマイクロソフトが担ったOS分野より、事業への影響度はAIのほうが高いでしょう。AIという分野には、それほどの可能性があります。ようは、ブレインパッドのAIがなければ、事業に支障が出るような。

そう言う未来を見ている者においては、まあ目先の10%20%は些末なものです。最低10年徹底ホールド。自分の予想(妄想)は、最低5倍、最大20倍程度の株価になっているつもりですね。これからも、迷いなく徹底ホールドw