ここから本文です

そろそろ、来期の「成長鈍化懸念」や、あるいは、最悪「減益懸念」も、織り込まれつつあるんじゃないかな。どんな、ポジティブ情報もネガティブ情報も、株価に織り込まれてしまえば、「買われすぎ」「売られすぎ」は修正される。そこを見極めて、売り買いするのが短期投資家の腕の見せ所。基本「月足」の長期投資家は、株価が「右肩上がり」か、これからもそうなのか・・・の見極めが重要。