ここから本文です

2つ目の銘柄は人工知覚APを手掛けるKudan<4425
>です。同社は今月にも米国に子会社を設立すると発表しており、先端技術が集まるシリコンバレーの地域を中心に自動運転やVR・AR等、北米での販売や事業開発拠点とする模様です。自動運転等の需要が高まり、ライセンス収入が伸長している為、成長性は十分にあると思われます。株価は現在8,000円台の底値圏で推移していますが、保ち合いからトレンド転換がいつ訪れるか、2月7日予定の決算発表前後は注視したいですな。

こんな出来高無いとこよりここの方が自動運転では期待できるよ。
急げ!!まだ間に合う