IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

2021年に売上高2兆円、営業利益率9%

ヤマハ発動機は2018年12月11日、東京都内で記者会見を開き、2019~2021年の中期経営計画を発表した。「モビリティの変革」「ヤマハらしいソリューション」「ロボティクス活用」を注力領域と位置付け、技術の組み合わせや協業によって、新しい市場や技術の開拓を進める。中計の期間内に、M&Aを含め1400億円の投資の予算を確保した。

 最終年度に売上高2兆円、営業利益1800億円、営業利益率9.0%を目指す。2018年の業績は売上高1兆6500億円、営業利益1430億円、営業利益率8.7%を見込んでいる。2021年度の売上高目標は、既存事業で3250億円、手掛けるモビリティの領域拡大や金融サービスなどの戦略的成長で250億円を積み増すことで達成する計画だ。

 公表していた四輪の乗用車の開発は、一時凍結とすることも明らかにした。ヤマハ発動機 代表取締役社長の日高祥博氏は「投入する地域や車両のタイプなどを検討してきたが、大量生産には難しさがあった。また、投資の回収も難しいという判断になった。普通の乗用車はいったんフリーズとなるが、複数のタイヤがあるモビリティの開発は今後も続く」とコメントした。


ヤマハ発動機様 2兆円ですか。

ごいすーです。普通乗用車の計画もあったんですね。