ここから本文です

キヤノンメディカルの持つさまざまな診療データを表示・利活用する医療情報統合ビューア「Abierto Cockpit」と、ファインデックスの画像ファイリングシステム「Claio」および文書ソリューション(注1)を連携させ、真に診療の現場で役立つ、医療従事者のためのソリューションの開発を推進します。本ソリューションは7月17日(水)~7月19日(金)に東京ビッグサイトで開催される国際モダンホスピタルショウ2019に参考出展します。

実際に、見るとこの先が楽しみになりました。