ここから本文です

さ~て
明日に備えて 今日は寝ましょうかね 雨激しいのかな?

ムハンマド副皇太子はサウジアラムコを巻き込んで同国史上最大の経済改革を主導する。経済開発評議会議長を兼務する実力者、新世代で改革の旗手です。計画にはエネルギー価格低迷が、経済と財政を直撃、原油の輸出に依存した経済では国を支えられないため国営石油会社サウジアラムコの株式上場や世界最大の政府系ファンドの創設?!

なぜか サウジ政府系のファンドの創設について、ジースリーが受け皿【恩恵にあやかる】になるような気がしてなりません
昭和シェルのソーラーフロンティアは、日本政策投資銀行の「競争力強化ファンド」から融資を受けているので、
資本の関係ない別会社でないといけなかった、だから社長を就任させて、子会社に入り込んだ。?

グローバル配信ニュースを出したのも 世界にエコボンズの支配下の各国会社を買収や合併 新規設立等手段を選ばず合理的に組織するための布石だったのではないか?

本社を移すのも、その一環 ?!

ゴールドマンサックスも そろそろ子会社の動きが協調してなにか出そうな気がします

整いました!  かな?