ここから本文です
1420

n 強く買いたい 2016年9月2日 02:03

>>1372

> なぜ 会社に 昭和シェルから 社長を召喚したのか
> その昭和シェルグループ ソーラーフロンティアは どこから資金調達しているのか
> 日本政策投資銀行と共同で設立した投資会社SFソーラーパワー株式会社 の 立ち位置、
>
> 画期的な CIS薄膜化合物系でほぼ唯一低価格化で商業的に成功 したことで ゴールドマンサックス設立のジャパン・リニューアブルエナジーと組んで、メガソーラーの施工コストを約30%削減するところまで連合を組んだ
>
> そして今日
> 昭和シェル石油は1日、サウジアラビアで太陽光パネルの工場を建設する検討を始めた。子会社で太陽光パネルを製造・販売するソーラーフロンティアと、サウジアラビア国営のサウジアラムコなどと共同で取り組む。
> アラムコは、石油に次ぐ次世代事業として再生可能エネルギー事業の拡大を進めている。
> サウジアラムコと、同王国でのパネル生産の可能性についての予備調査に関して覚書(MOU)を締結しました。
> サウジアラビア王国が経済改革方針「VISION 2030」を推進する中で、CIS薄膜太陽電池の技術面・経済面での予備調査を4者が共同で行なうもの。
>
> 2016.8.23 21:17更新
> サウジ副皇太子が初訪日し安倍首相らと会談
> 改革主導の実力者サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子が、31日から就任後初めて日本を訪問し、安倍晋三首相らと会談することが23日分かった。
> ムハンマド副皇太子はサルマン国王の息子で、国防相と国家経済評議会議長を兼務し、石油依存からの脱却を目指す経済改革を主導する実力者。今回の訪日には日本からの民間投資を促す狙いがあり、副皇太子が進める改革「ビジョン2030」への協力を強く求める構え。
>
> このニュースが23日に流れていて、 今日ソーラーフロンティアのIRが出たのは意識的にあわせてでしょうね~
>
>
> 8月29日(月)15時10分配信
> 未着工太陽光発電所の買取事業を開始、改正FIT法での認定取り消し前に
> (通称:改正FIT法)では、既にFIT認定を受けた事業者も2017年3月31日までに電力会社との接続契約が締結できていない場合には、原則的に認定が失効することになる。開発待ちの許可が下りている案件が53000MWあるなかで 
>