IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

2011年3月の東日本大震災による福島第一原発事故をきっかけに、急速に注目を浴びてきたのが、太陽光・風力・バイオマスなどの再生可能エネルギー。

国も、再エネ普及を促進するため、再エネを高値で買い取る「固定価格買取制度(FIT)」を2012年7月に導入。再エネのうち太陽光だけは、FITより高値で買い取る「余剰電力買取制度」が2009年11月に先行導入されている。

FITは、日本で導入される前から、欧米など多くの国や地域で採用されてきた再エネ普及策。世界的には、2009年以降のシリコン価格低下によるモジュール価格低下や、それと並行した設置量の増加、買取価格の引下げにより、太陽光発電コストは大幅に低下(2009年35円/kWh → 2017年10円/kWh)。


経済産業省の将来試算では、2030年時点の太陽光関連の年間フロー額(買取費用)は2.3兆円。、2012年のFIT開始から30年までの太陽光買取費用は累計32兆円。

これほどの費用を注ぎ込んだとしても、2030年時点の電源構成に占める太陽光の割合は、わずか7%程度の見通し。


こんなニュースが流れているから このところ低迷しているのか!
理由がわかれば 復活の目もある

どうせマスコミの扇動だろう?!