ここから本文です

多少の下げも覚悟していただけに今日の+6.1%は上出来でした。
今期の減益予想は5月の安値で織り込み済みで、
今後は会社予想に対してどの程度上回って行けるかという方に
業績評価のポイントが移り変わっているようです。
決算前に全く人気が無くて、期待値が低かったのも良かったのでしょう。
アルファポリスなんて増益でもS安ですから真逆の反応です。

株主の質もだいぶ変わってきているように感じます。
今回は短期の決算ギャンブラーがほとんど来ませんでしたから
今居るのは肝の座った長期目線の人が多いのでしょう。
先行投資がポジティブに評価されるって、ここでは珍しい現象です。
脊髄反射だけで売買してるイナゴに食い荒らされるより
静かに粛々といつの間にか上がってるというのも悪くないですね。
とりあえず第一関門は無事通過したので2Qも少しだけ期待です。