IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

2年後?の500万本級タイトルも楽しみですね
スターウォーズ無双か?と言われている海外IPとは別に500万本級タイトルがあると野村は見ているようです

コーエーテクモホールディングス<3635>が5日ぶり反落。
野村証券では、中国、韓国開発会社のモバイルゲームの日本市場での成功も追い風とみて、レーティング「Buy」を継続した。目標株価は2167円→2100円と引き下げた。
Team NINJAの開発力向上により、販売本数100万~200万本級タイトルを年間4~5本開発できる体制が整いつつある。
野村予想には織り込んでいないとしたが、21.3期にかけては販売本数500万本級タイトルの開発にも挑戦する計画。
海外IPとのコラボタイトル、「仁王2」(開発費40億円以下)は販売本数100万本~200万本級に分類される。
野村予想は販売本数200万本級のタイトルで年間2本の発売を織り込んだとした。