ここから本文です

再掲

電算システムがカイ気配、1~3月期2ケタ増収・利益倍増受け人気集中

5月9日(木)9時07分配信 みんなの株式

 電算システム <3630> がカイ気配で始まり一気に株価の居所を変えている。
同社が8日取引終了後に発表した19年12月期の第1四半期(1~3月)連結決算は、売上高が100億7600万円(前年同期比11.2%増)と2ケタ増収を達成、営業利益は7億8200万円(同97.6%増)、最終利益は5億2300万円(同99.6%増)と倍増近い伸びをみせた。
これが株価を強く刺激する形となっている。同社は情報処理サービスやシステム開発を手掛け、コンビニなどを中心とする収納代行でも大手に位置する。各種ギフト処理やバックオフィスなど情報処理サービス事業が好調なほか、システム開発ではクラウド関連案件などが伸びて業績拡大を後押ししている。


電算システムの成長潜在ポテンシャルは7000円以上あると思いますが
押し目は現物、中長期
\(^o^)/\(^o^)/