ここから本文です

3/24

福井県越前市

福井経済同友会 北陸新幹線南越駅周辺の整備 IR誘致を提言

・3月23日、福井経済同友会の林正博・代表幹事(福井銀行頭取)、梅田憲一・副代表幹事、宇坪啓一郎・常任幹事が、奈良俊幸・市長に提言書を手渡した
・提言は、北陸新幹線南越駅周辺の整備について。交流人口拡大、インバウンド振興を主眼とする
・提言の第1候補は、カジノを含む統合型リゾート(IR)誘致
・IRのコンセプトとして六項目を列挙。
 北陸と関西、中部の観光拠点
 IR内には、ホテル、MICE、カジノのみならず、県の伝統工芸品の制作体験ができる施設などを設け、他の誘致エリアとの差異化を図る
・林正博・代表幹事は「様々な案を検討したが、経済効果を考えると間違いなくIRだ」と主張。今後、県や関連団体に提言を説明へ
・提言の第2候補は、福井県立大学の新学部としての専門職大学の設立。伝統工芸科をアピールする
・奈良俊幸市長
 「大変興味深い。市の力量を超えた内容もあるので、オール福井・オール北陸で取り組まれることを期待する」とコメント