ここから本文です

24日、東海染工 <3577> が発行済み株式数(自社株を除く)の2.70%にあたる9万株(金額で1億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い材料視された。

 需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は5月27日から12月30日まで。