ここから本文です

クルマ産業には確かに100年に一度の革新が起こっているのかもしれませんが、クルマがEVになろうが空を飛ぼうがシートは必要で、その中でもレザーシートは一定の需要が見込まれます。

足元、地球規模ではクルマ人口が増えており、今後も販売台数は伸長することが見込まれます。この市場環境から、レザーシートの今後の売上見通しは比較的良好だと考えられます。

この会社のバリューを示す指標は良好で、利回りも非常に高いです。グロースは先に書いた通り見通し堅調です。
トヨタ次第の所はありますが、この銘柄を長期で持っていれば、引き続き良好なインカムと比較的堅調な株価推移をエンジョイできると考えています。