ここから本文です

プラスチック成型の三幸電機製作所(東京都武蔵村山市)は紙素材とポリプロピレンを混ぜた「燃やしやすいプラスチック」で、柔軟性を高めた新製品を開発した。弾性を高くする樹脂を混ぜ、チューブなどにも使えるようにした。プラスチックごみ(廃プラ)削減が課題となる中、代替素材としての需要を開拓する。
同社が現在販売しているプラスチックは重量ベースで特殊な紙パウダーを51%混ぜた素材だ。  

なぜ、こういうことがこの会社にはできないのだ?