ここから本文です

国会議事堂を象徴する存在の1つである「赤じゅうたん」。
1階から3階の階段や廊下に敷かれており、国会議員になることを「赤じゅうたんを踏む」とたとえることもあります。
衆議院広報課によれば、すべて合わせた長さは約4キロメートルになるそうです。
赤い色は1936年(昭和11年)に現在の建物が帝国議会議事堂として完成した当時から続く伝統ある色です。
納入業者は住江織物。戦艦大和の艦長室のカーペットや帝国劇場の椅子の布をつくった歴史ある企業です。
国会が開かれている間の平日は毎日、朝と昼の2回、掃除します。
それでも1~2年経つと傷んでくるので、年に1度点検をして新しいものに交換します。
広報課は「2階と3階は比較的傷んでいないものが多いので1階に移すこともある」と教えてくれました。
そんな赤じゅうたんの値段はいくらでしょうか。現在は1平方メートル当たり1万8000円。
衆参両院合わせれば約1億円になるそうです。踏むのがもったいないくらいですね。

さて相場ですが、5月配当狙いで10連休前後に美味しい局面があったらシフトします。
それまでは3月配当狙いの株だねw