ここから本文です

石の上にも三年いれば暖まる。年表が報告書にアップされるようになってから二期ですかね。その以前にPCに出ていましたが何故か削除されました。 確信を持ったのでしょうか…。産総研は三年をめど、山王は三年以内と、微妙ですね。
この度、報告書の中でMCH実用化技術開発と書かれています。失礼ながら山王独自では出来ない技術です。共同開発は千代田化工と書いているのと同じですかね?
三年とは20年です。年末になると来期の展望がにぎやかになるでしょう。やはり、EU、米中、環境エネルギー問題でしょうか。水素キャリアが話題になれば、透過幕山王も期待出来ますね。!!!