ここから本文です

ここから調整で1400円台まで戻ると思う人もいるだろうし、
このまま軽い押し目をつけながら上がって行くという人もいるだろう。
どちらかはさておき2016年後半に似てきたというところではないか。
即ち、ここまで来たら悪材料は一過性の下げにしか過ぎないということである。

来年いっぱい持ち続けるような人は火曜に買っても決算が過ぎてから買っても結局含み益は増大するので目先の含み損などは論ずるに当たらないということだ。
火曜が売りか買いかはその人の投資スタンス次第だ。